投資について解説する男性

今の資産を増やしたいという方には、投資がおすすめです。むろん、投資にはリスクもあります。しかし、資産を運用せずに豊かな将来を送る事は難しい時代となってきています。堅実な投資の運用ガイドでは、投資の基礎を解説します。

ソディックの投資は有望、日亜化学は他企業に

現代の画期的な発明の一つに「青色LED」があります。今や世界中で様々な製品に使われていますが、その発明者が当時勤めていましたのが日亜化学で、日亜化学は現在さらに、白色LED、リチウムイオン電池の正極材料、半導体レーザーなどを開発し、あらゆる分野で活躍し続けています。ですから、日亜化学の株を買って投資してみたいという人は多いですが、残念ながら日亜化学は上場していませんので、一般の人は株を買うことができません。このような場合は、日亜化学の事業に関係がある上場企業の好材料ととらえ、そちらに投資するという方法があります。日亜化学の青色LED、白色LEDはいろいろなところで使われていますし、部品を納入したリチウムイオン電池も普及しています。また最近開発された半導体レーザーは非常に強い光を放ち、多くの電機メーカーに注目されていますので、今後どのような製品に搭載されていくのかが楽しみです。投資してみたい企業が非上場の場合は、このように考えていくのも一策です。近年発明されたものに「3Dプリンター」もありますが、これで注目されているのがソディックです。ソディックは元々は放電加工機の世界トップクラス企業です。金属を加工する際に電極を近づけて放電すると熱で金属が溶けますが、そこで電極の形に彫っていくのが放電加工機です。また、射出成形機もあります。こちらは、プラスチック材料を加熱して溶かして一気に金型の中に噴出し、今度は冷やして固めながら成形していきます。そのソディックが、長年蓄えた技術を使って「金属3Dプリンター」を考案し、今大変注目されています。この製品が今後広く普及していけば株価も大変楽しみになります。またソディックには、「大手食品メーカーの、大手コンビニエンスストア向けの食品を作る機械」という得意分野もあります。製品がいろいろな業界で頼りにされているソディックは今後も注目の企業です。