投資について解説する男性

今の資産を増やしたいという方には、投資がおすすめです。むろん、投資にはリスクもあります。しかし、資産を運用せずに豊かな将来を送る事は難しい時代となってきています。堅実な投資の運用ガイドでは、投資の基礎を解説します。

カシオおよびNECの株価などの投資情報

日本には、世界的に見てもトップクラスの技術を誇る電気機器メーカーが何社も存在します。ここではそのうちの2社を取り上げ、最近の株価推移などの投資情報に注目しましょう。
最初に取り上げるのは、東京都渋谷区に本社を置くカシオ計算機株式会社です。電卓や腕時計、デジタルカメラや電子辞書などを扱っている企業です。2014年末ごろ、カシオの株価はおよそ1,900円でした。年明け間もない2015年1月16日には1,736円という年初来安値を付けましたが、その後の株価は右肩上がりで順調に推移します。1年ほどの間に株価は1.5倍ほどにまで上昇し、12月8日には2,884円という年初来高値を記録しました。2015年12月25日現在、カシオの株価は2,693円です。なお、カシオの株式は100株単位で取引されています。したがって、カシオの株主になるための最低投資額は27万円ほどになります。
では次に、東京都港区に本社を置く日本電気株式会社に注目します。同社については、正式な社名である「日本電気」よりも「NEC」という略称のほうで広く親しまれています。同社の手掛ける事業として一般消費者にも良く知られているのは、ノートパソコンなどのコンピューター分野です。さて、2014年12月末ごろ、NECの株価は350円ほどでした。2015年2月3日には319円という年初来安値を付けたものの、これ以後の値動きは比較的安定しています。4月27日に年初来高値430円を記録し、その後は年の終盤まで400円前後で推移しています。2015年12月25日現在のNECの株価は369円です。なお、NEC株は1,000株単位で取引されるため、NECの株主になるためには最低でも37万円ほどの投資が必要になります。